大火災の大雨 ☔

  • 2020.06.19 Friday
  • 07:49











 

火要鎮』(ひのようじん)。18世紀の江戸が舞台で、火消となった男のことが忘れられず火をつけた女の物語を描いている。物語の内容から「八百屋お七」と落語火事息子」をモチーフにしていると推測される。
















火元の問題、


サポーターの狂気など。



















「いじめ」の元凶とは?










////////////////////



















高校時代の同級生に東京都知事選に


出馬予定の山本太郎の


幼なじみがいたんです。














あの時も信用できない奴だと思いました。


















「家事息子」


江戸の町。神田にある質屋の大店「伊勢屋」の若旦那は、子供の頃から、どういうわけか火事が大好きだった。しかし、それが高じて、実家を勘当された挙句、臥煙(定火消し)になってしまう。

ある風の強い冬の日、「伊勢屋」の近所で火事があった。番頭や店のものは、蔵の目塗りなど不慣れな対応で大わらわ。そこへ体中に入れ墨をした火消しの若者が颯爽と現れて、番頭を手助けしてくれた。その若者が若旦那だった。幸い、火は大事にならずに消える。番頭のはからいで若旦那と両親は数年ぶりに、気まずくも嬉しい対面をすることになる。


















PS:








ノートルダム大聖堂の火災(ノートルダムだいせいどうのかさい)は、2019年4月15日から同年4月16日(現地時刻・CEST)にかけて、フランスパリノートルダム大聖堂で起きた火災



ご注意🇫🇷








コメント
コメントする








    

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM